デジタルガレージと東芝テック スーパーマーケット「とりせん」でスマホを活用した次世代型決済と販促の実証実験

Pocket

デジタルガレージ(DG)と東芝テックは、群馬県を中心にスーパーマーケットを展開するとりせんの店舗(富士見町店)で、スマホを活用した次世代型決済と販促をハイブリッド化して顧客の行動データと購買データを分析し、効果的な販促施策の実現を目指す実証実験を2022年3月下旬より実施する。

店舗における顧客接点、販促活動の一元管理

 DGのリテール販促プラットフォームは販促企画の管理機能・販促物のデジタル化機能・販促データの分析および予測機能を通じて、販促業務の効率化と販促効果の最大化を図るソリューション。それに東芝テックが提供するスマホ型POSレジアプリを連携させることで、小売店舗における顧客接点や販促活動の一元管理を容易に行えるようにする。

 実証実験では、両サービスの連携により、来店中および来店前後の顧客接点における商品訴求力を高めるとともに、横断的に運用管理・データ分析することで販促業務の効率化を推進する。店内施策においてはTangerineが持つBeacon及びオフライン行動データプラットフォーム(Store360)を活用し、顧客の来店検知やアプリへのログイン、特定の商品に近づいたタイミングなど、店内の位置情報にあわせたクーポンをスマホ型POSレジアプリで配信し、販促効果の検証を行う。

顧客の行動と購買のデータを分析

 また、店舗内の顧客の行動データと購買データの分析においては、LINE公式アカウントからの誘導、スマホ型POSレジアプリの操作、配信したクーポンへの反応、Beacon検知による店内行動、POSデータ、顧客へのヒアリングなどをもとに、購買結果に及ぼす定量情報と、顧客の行動や思考の定性情報を分析し、実証実験の成果を検証する。

 DGと東芝テックは、今回の実証実験の結果を踏まえて、顧客の来店や店内回遊、クーポン利用データを分析・活用することで、顧客の購買行動に合わせた効果的なコンテンツ配信のソリューションを提供し顧客体験の向上を目指す小売業の店舗DXを支援していく方針。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media