セブン-イレブン、街中でドローン配送の衝撃!本格運用に向け郊外で実証実験を開始

榎森 順二
Pocket

セブン-イレブン・ジャパン(東京都/永松文彦社長)は、改正航空法の 2022 年内施行を見据え、有人地域でのドローン(小型無人機)による商品配送の実証実験を12 月3 日から19 日にかけて行う。「セブン-イレブン ネットコンビニ」経由で受注した商品を店舗でドローンに積み込み、所定の受け取り場所まで無人ドローンが配送するシステムを実装するための実証だ。

有人地帯での目視外飛行が2022年内に可能に

 この実証実験は東京都の「ドローンを活用した物流サービス等のビジネスモデル構築に関するプロジェクト」に採択されたもので、プロジェクトにはセブン-イレブン・ジャパンのほか、ANA ホールディングス、ドローン専業メーカーのACSL(いずれも東京都)の計3社が参加している。

 ドローンによる荷物配送は、18 年に無人地帯での目視外飛行(レベル3)に係る制度が整備されたことで、離島や山間部、過疎地域に限って実現していた。目視外飛行とは、機体が操縦者の目視の範囲を超えて飛行することを指す。さらに、22年に施行される改正航空法では、登録されたドローンの有人地帯での目視外飛行(レベル4)が可能になる。この実証実験はそれを見据え、街中でのドローン配送サービスの課題や条件を探るのが目的だ。

 実証が行われるのは東京都の多摩地域西部にある日の出町(人口約1万7000人)で、「セブン-イレブン日の出大久野店」から日の出町内の4つの配送地点へ、実際に注文があった商品をドローンで配送する。利用者が「セブン-イレブンネットコンビニ」から日の出大久野店の取扱商品を注文、4か所ある配送地点 (日の出団地2号公園、日の出団地3号公園 、肝要の里、大久野病院 )のうち便利な地点を選んで指定する。同店駐車場内の発着場から商品を搭載したドローンが配送地点に向かって飛び立ち、配送地点に着陸した後自動で荷物を切り離して飛び去る。配送地点で待っていた利用者は自分あての荷物を宛名などで確認して受け取る仕組みだ。

ドローン配送に使用される段ボール箱


 1梱包5kgまで配送が可能で、超える場合には分割しての配送も可能。実証実験はドローン2台で行い、オーダーから最短30分で配送地点に荷物が届く。実証実験時の最低注文金額は300円、配送料金は110円となっている。サービス提供時間は9:00〜16:00の予定だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media