“川越ドミナント”のさらなる強化へ! 写真で見る最新店「ヤオコー川越霞ケ関店」

2021/11/26 05:55
Pocket

ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)は11月25日、埼玉県川越市に「ヤオコー川越霞ヶ関店」(以下、川越霞ケ関店)をオープンした。サミットの退店跡、自社店舗が密集するドミナントエリアへの出店となった同店ではどのような売場づくりをしているのか。自社店舗最新店の商品政策(MD)と売場づくりを写真で見ていく。

ヤオコー川越霞ケ関店の外観

サミット退店跡にS&Bで出店!

 ヤオコーが今回出店した「川越霞ケ関店」は、東武東上線本線「霞ケ関」駅北口から約100mの駅前立地にある。20212月に閉店した「サミットストア霞ケ関店」跡をスクラップ&ビルドして出店した。

 店舗周辺は商店や住宅が混在する古くからの市街地で、半径1km圏内には約1万世帯/約22000人が居住。人口・世帯数ともに増加傾向にある豊かなマーケットとなっている。年齢別人口構成では、3050歳代がボリュームゾーンで、次いで70歳代が多い。世帯別でみると、単身と2人世帯で66.6%を占める。

 埼玉県川越市はヤオコーが本部を置く同社のお膝元とあって自社店舗も多く、川越霞ケ関店から約1.7kmの距離には旗艦店の「川越的場店」、約3.5kmの場所には「川越山田店」があるほか、川越市と隣接する鶴ヶ島市内、川越霞ケ関店から約2.6km離れた場所には「鶴ヶ島店」がある。川越霞ケ関店の出店により、川越市内、東武東上線沿線のドミナントをさらに強固なものにする考えだ。

 隣接地に「マツモトキヨシ」があることもあってか、近隣型ショッピングセンターではなく、単独の路面店(23年にヘアサロンがテナント出店予定)での出店となった川越霞ケ関店。店舗面積は563坪と、ヤオコーとしては標準規模のレギュラー店の位置づけとなる店舗だが、先月に出店した新旗艦店「和光丸山台店」(埼玉県和光市)で導入した最新の商品政策を一部取り入れるなど、最新店ならでは取り組みも見られた。写真ともに売場を見ていこう。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media