JR東海高島屋、イオンモール岡崎に「フードメゾン」、22年3月開業

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

「ジェイアール名古屋タカシマヤ フードメゾン 岡崎店」完成イメージ
店舗面積は約2400㎡で、百貨店などで人気の総菜店、スイーツ店など約40ブランドを集積する

 ジェイアール東海高島屋(名古屋市)は2022年3月15日、イオンモール岡崎(愛知県岡崎市)の1階に食物販の専門店などを集積した「ジェイアール名古屋タカシマヤ フードメゾン 岡崎店」を出店する。

 百貨店などで人気の総菜店、スイーツ店など約40ブランドを集積する。このうち約20ブランドが岡崎エリア初出店となる。生鮮や加工食品、パン、酒、カタログギフトを含めてフルラインアップの食品売り場を展開する。

 生鮮では鶏肉の「尾張さんわ屋」、牛・豚肉の「お肉の専門店 スギモト」、鮮魚の「築地 中島水産」など、総菜はサラダの「グリーン・グルメ」、和総菜の「まつおか」、韓国料理の「カンナムキンパ」など、和洋菓子では「宗家 源吉兆庵」「アンリ・シャンパルティエ」などの出店が決まっている。

 店舗面積はフードメゾン全体で約2400㎡となる

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media