東武鉄道、東武動物公園駅西口に新たな商業施設を9月16日オープン 「東武ストア」「無印良品」が入居

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

地域密着・環境への取り組みに注力

 また、東武鉄道は、同施設での取り組みを通じてSDGsにおける目標に貢献したい考えだ。
その一つが地域連携への取り組みで、同社ではこれまでも今回出店する地域住民とともに、地域の課題解決や活性化に向けたさまざまな研修会・交流イベントなどを行ってきた。そこで生まれたつながりを、同施設を通じて新たな交流へとつなげ活性化をめざす。

 環境への配慮では、施設の屋根一面に約1,450枚のソーラーパネルを設置し、自家発電によって年間電力使用量の約32%を賄う。この取り組みにより東武鉄道として初めて、建築物の省エネ性能を表示する第三者認証制度「BELS(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)における最強評価の5つ星を獲得した。

<施設情報>

施設名:東武動物公園駅西口商業施設
所在地:埼玉県南埼玉郡宮代町中央1丁目2番1号
アクセス:東武スカイツリーライン「東部動物公園」駅西口徒歩1分

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media