コーナン商事 滋賀県大津市に「CAMP DEPOT大津堅田店」オープン

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

コーナン商事のキャンプ専門店「CAMP DEPOT」のロゴ
「CAMP DEPOT」では、「キャンプ用品」を売るのではなく、「キャンプを楽しむこと」を提案し、非日常ではなく異日常の提供を目指す。(写真はプレスリリースより)

 コーナン商事は9月3日、滋賀県大津市にキャンプ専門店「CAMP DEPOT大津堅田店」をオープンする。出店は、ディスカウントスーパーの「サンディ大津衣川店」閉店に伴う居抜き出店。営業時間は10時~19時。「CAMP DEPOT」の出店は4店舗となる。

 なおコーナン商事は近日中に、三重県鈴鹿市に5店舗目となる「CAMP DEPOT鈴鹿中央通り店」をオープンする。同店は釣り具専門店「タックルベリー 鈴鹿店」の居抜き出店。

 これまでもCAMP DEPOTの出店は、居抜き出店を基本にしており、コロナ禍で閉店する専門店などの跡地への出店が続くと思われる。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media