ヤオコーと至近距離で激突!オーケー立川若葉店で進化した独自MDとメニュー提案の最先端!

取材・文:大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

オーケー立川若葉町店

オーケー立川若葉町店

〒190-0001 東京都立川市若葉町1-7-1 若葉ケヤキモール1階
電話:042-537-7316
多摩モノレール「砂川七番」駅から徒歩で約20分

見どころ
▶第1から第2主通路まで広がる生鮮3部門
▶売場の各所で見られるメニュー提案
▶店頭で冷凍真空パック加工するうなぎ

 オーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)は7月15日、東京都立川市に「オーケー立川若葉町店」(以下、立川若葉町店)をオープンした。

 同店がオープンしたのは、JR各線「立川」駅から北東約3.2㎞にあるショッピングセンター(SC)「若葉ケヤキモール」の1階。同社では珍しく、SCの核店舗として入居したかたちだ。2021年1月にマルエツ(東京都/古瀬良多社長)が退店した場所に出店している。店舗から約5㎞圏内には、既存店の「立川富士見町店」「国分寺店」「西国分寺店」があり、ドミナントの深耕を図る。

 立川若葉町店が基本商圏に設定する店舗から3㎞圏内には約12万世帯が居住する。世代別人口構成比では60代以上の高齢者層の割合が東京都平均よりも高い。

 前述のマルエツが撤退した大きな要因と考えられるのが、店舗から東へ約400mで営業するヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)の「ヤオコー立川若葉町店」の存在だ。そのほか店舗から約1㎞圏内には「いなげや小平小川橋店」「グルメシティ立川若葉店」「コープ弁天通り店」などがあり、すでに多くの食品スーパー(SM)が営業する激戦区への出店となる。

 こうした競争の激しい環境下でオーケーはどのような店づくりを行っているのか。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media