鮮魚や青果で新たな取り組みも オーケー登戸店の売場づくりを徹底解説!

取材・文=「ダイヤモンド・チェーンストア」編集部 大宮弓絵
Pocket

オーケー登戸店

オーケー登戸店

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2535-1
電話:044-299-6360
JR南武線・小田急小田原線 「登戸」駅から徒歩3分

見どころ
▶青果売場の生産地から直送する野菜
▶「凍眠市場」コーナーの新商品
▶鮮魚売場で訴求するこだわりの素材

 オーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)は6月22日、神奈川県川崎市に食品スーパー(SM)「オーケー登戸店」(以下、登戸店)をオープンした。

 登戸店は、JR南武線・小田急小田原線「登戸」駅から南西約300mの場所にある。川崎市が地域の生活拠点と位置づけ土地区画整理事業を推進しているエリアに、土地を賃借し出店している。

 基本商圏は、店舗から南西へ約800mの位置で交差する、府中街道沿いの約3㎞に設定する。店舗から半径約3㎞には約15万3000世帯が居住しており、世代別人口構成比では、20代と30代が最も高く、60代以上が県平均より低い。

 競合店としては、「登戸」駅南側すぐの場所で「マルエツ登戸駅前店」が営業するほか、店舗から南西約350mには「東急ストア向ヶ丘遊園店」が、同550mには「ライフ向ヶ丘遊園店」があり、至近で有力店鎬を削る激戦区だ。

 既存店としては店舗から約4.5㎞圏内に「生田店」「成城店」「狛江店」「狛江中和泉店」「溝ノ口店」の5店があり、オーケーは今回の出店によりさらにドミナントを深耕したい考えだ。

 登戸店の売場面積は約1000㎡で、近年オーケーが積極的に出店している300坪タイプの店づくりを踏襲している。

 実際に売場を見ていくと、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media