フーコット飯能店オープン日現地レポート ヤオコー新業態の向かう先は?

2021/08/05 05:55
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集長 阿部幸治
Pocket

ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)は、子会社フーコット(同/新井紀明社長)を通じて、ディスカウント型スーパーマーケット(SM)「フーコット」の1号店「フーコット飯能店」を埼玉県飯能市に8月3日オープンした。売場づくりや商品づくり、フーコットの狙いは?オープン当日朝、同店に足を運んだ。文中の価格表記はすべて税抜き。

8月3日オープンしたフーコット飯能店
8月3日オープンしたフーコット飯能店

待望!フーコット1号店がオープン

フーコット1号店である「フーコット飯能店」がオープンしたのは圏央道「狭山日高インター」から車で10分程度の距離にある近隣型ショッピングセンター(NSC)内、退店した「スーパーアルプス飯能新光店」跡地への居抜き出店である。ヤオコーではフーコット飯能店を居抜き出店に伴うイレギュラーな店舗と位置付けているようだが、フーコットの基本的な方向性と商品政策を窺い知るには十分であろう。

NSCは東飯能駅から車で約6分ほど(2km程度)の距離にあり、近隣にはベルク飯能緑町店やビッグエー飯能緑店などがある。

NSC460台の駐車場を備え、マツモトキヨシ、ダイソー、西松屋という強いテナントが揃っている。

フーコット飯能店の営業時間は午前10時から午後7時。筆者は午前10時前に現地に到着したものの、混雑により駐車場に入るまで10分ほど時間を要した。平面駐車場はすでにいっぱいで、屋上駐車場に入庫。車のナンバーを確認したところ、ほとんどが所沢ナンバーだったが、仙台ナンバーや八王子ナンバーも見かけた。そのため、店内でも店外でも小売業界人らしい人を見かけた。

なお店舗にはすぐには入店できなかった。というのも50mほどの行列ができていたからだ。目算でざっと150人ほど並んでいただろう。炎天下の中、日陰もないところに並ぶのかと思ったが、7〜8分ほどでスムーズに入店。「コロナ対策で、5分おきに入店していただきます」「カートが不足しているので、カゴだけで良い方は先に入店していただけます」と適宜お客にアナウンスしており、混乱もなく、手慣れたオープニング運営であった。

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media