我孫子市初出店! 「ヤオコー天王台店」の売場づくりを徹底解説

2021/07/30 05:54
小野貴之(ダイヤモンド・チェーンストア編集部)
Pocket

注目の生鮮売場をレポート!

 ここからは主要部門の売場を見ていこう。入口近くで展開する青果売場では、最前面で「らいでんメロン」(1玉798円)、岩手県産のキュウリ(1本22円、5本99円)を訴求。平台1~2列目では、幸水梨や桃、スイカなど色とりどりの夏の旬果実を並べていた。

入口付近の青果売場

 続く鮮魚売場では、地域一番の鮮度と品揃えをめざし、近海魚の丸物や各種切り身を充実させている。オープン日は「土用の丑の日」の翌日ということもあって、平台冷蔵ケースで国産・輸入ウナギを売り出していた。

近海魚を豊富に揃える鮮魚売場

 精肉売場では、焼肉の提案に力を入れており、「牛肩ロース」や「モモ焼肉用」といった定番メニューに加え、牛シマチョウなど内臓肉も豊富に揃える。オープン日は黒毛和牛ロース、サーロインステーキ用の半額セールを実施しており、売場には人だかりができていた。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media