我孫子市初出店! 「ヤオコー天王台店」の売場づくりを徹底解説

2021/07/30 05:54
小野貴之(ダイヤモンド・チェーンストア編集部)
Pocket

ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)は7月29日、千葉県我孫子市に「ヤオコー天王台店(以下、天王台店)」をオープンした。先週の「ふじみ野大原店」(埼玉県ふじみ野市)に続く、2週連続の新規オープンで、我孫子市へは初の出店となる。今期6店舗目の出店となる同店ではどのような売場づくりをしているのか。

ヤオコー天王台の外観

ドミナント間の空白地帯に新規出店! 

 ヤオコーが7月29日にオープンした天王台店は、JR常磐線「天王台」駅から直線距離で約180mの場所にある。駐車場だった土地に新設した店舗で、周辺はワンルームマンションが建ち並ぶ住宅街が広がる。

 ヤオコーにとっては我孫子市初出店となる天王台店。千葉県の北西部に位置する我孫子市は茨城県との県境にあり、常磐線に沿って北上し、利根川を渡った先は茨城県取手市となる。一方、その反対側、我孫子市の南西は柏市と隣接している。ヤオコーは、柏市に「柏若葉町店」「モラージュ柏店」など4店舗、取手市には「取手戸頭店」「取手青柳店」など3店舗をすでに展開しており、天王台店は柏エリアと取手エリアのドミナントを結ぶ“結節点”に位置する。両エリアのドミナント間の空白地帯に出店することで、周辺エリアのシェアを高める考えだ。

 売場面積508坪と、標準店と比べるとやや小ぶりな天王台店。売場レイアウトは、入口から入ってすぐの主通路に青果・鮮魚・精肉を集めており、日配は青果と鮮魚の“つなぎ”の位置ではなく、店舗奥側の主通路壁面に配置。主通路上の島陳列も少なく、店舗奥側コーナーで展開するワイン&チーズコーナーも設けていない。取り扱いSKU数は約1万1640と、先週オープンの「ふじみ野大原店」(売場面積650坪、取り扱いSKU数1万4150)と比べて少ないものの、ヤオコーの標準的な商品政策(MD)はほぼ導入されている。初年度年商目標は16億円で、売上高構成比は生鮮が35.5%、デリカが15.2%、グロッサリーが49.3%で生鮮4部門が約半分を占める見込みだ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media