横浜駅直結の「ビオセボン ジョイナス店」がオープン オーガニック、ヴィーガン食の流行を捉えた売場づくりを解説

若狭 靖代(ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

イオン(千葉県/吉田昭夫社長)傘下のビオセボン・ジャポン(東京都/岡田尚也社長、以下ビオセボン)は6月24日、神奈川県・横浜駅直結の商業施設「ジョイナス」内に、26店舗目となる「ビオセボン ジョイナス店」(以下、ジョイナス店)をオープンした。その売場づくりや、最近のオーガニック、ヴィーガン食のトレンドを踏まえたMD(商品施策)についてレポートする。

横浜駅直結の好立地に出店!

 ビオセボンはオーガニック食品を中心に扱う食品スーパー(SM)。2016年、東京都港区に「ビオセボン 麻布十番店」をオープンして以降、30〜40代の子育て世代の女性をターゲットに出店を続けている。進出当初は、麻布、目黒、渋谷など、流行に敏感で健康や品質への意識が高いターゲット層が多く暮らす地域へ路面店を出店してきたが、近年では商業施設内やいわゆる“駅ナカ”立地などにも多く出店している。

 今回オープンしたジョイナス店は、常に多くの人々が行き交う横浜駅のメイン通路同士を結ぶ通路沿いの好立地。ジョイナスのキーテナントである横浜高島屋の“デパ地下”にあたる「TAKASHIMAYA Foodies’ Port2」に隣接しており、集客効果の高い立地でもある。横浜という立地柄、広域からお客が集まることを想定し、ビオセボンではこのジョイナス店を“情報発信地”として位置付けている。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media