さとうの新店フレッシュバザール亀岡千代川店 最新売場づくり徹底解説!

取材・文=森本守人(サテライトスコープ)
Pocket

フレッシュバザール亀岡千代川店

フレッシュバザール 亀岡千代川店

〒621-0043 京都府亀岡市千代川町小林北ン田44
電話:0771-22-1000
JR山陰本線「千代川」駅より約徒歩10分

見どころ
▶大型什器で展開する自社加工の冷凍牛肉コーナー
▶水揚げ当日に販売する北近畿の鮮魚
▶独自ブランドのパン「パンクック」

フレッシュバザール亀岡千代川店 伊東憲一郎店長
伊東憲一郎店長
「商品のよさ、価格をともに訴求し、お客さまからの強い支持を得られるように努力します」

 さとう(京都府/佐藤総二郎社長)は4月22日、京都府亀岡市に食品スーパー(SM)「フレッシュバザール亀岡千代川店」(以下、亀岡千代川店)をオープンした。この出店により同社のSM店舗数は亀岡市内で2店、全社で67店となった。

 亀岡千代川店は、JR山陰本線「千代川」駅から南南西約800mに位置する。国道9号線に面し、クルマでのアクセスは良好だ。周辺は住宅の建設が進み今後も人口増加が期待できる好立地だ。

 広域からの集客を見込み、店舗からクルマで約15分圏を基本商圏に設定する。商圏内には2万940世帯/5万4707人が居住している。

 競合店としては、半径約1㎞圏内に、亀岡市に本部を構えるマツモト(松本隆文社長)のSM「スーパーマツモト」が2店舗ある。地元で強い支持を得る同社店舗の間に新店を投じた格好だ。

 さとうが亀岡市に出店するのは1994年に開業した「亀岡大井店」以来、実に27年ぶりだ。同市および南丹市の「亀岡・南丹」エリアはこれまで店数を増やせておらず、今回の出店を今後のドミナント強化の起点としたい考えだ。

 亀岡千代川店の売場面積は1526㎡。さとうの標準フォーマットである300坪よりも大型だ。2018年10月にオープンし、業績が好調に推移する「城陽寺田店」(京都府城陽市)と同規模サイズの店とした。通常より広い売場面積を生かし、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media