「ユニクロ浅草」が5月28日開業、地元住民や商店とコラボ

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

「ユニクロ浅草店」完成イメージ
店舗を象徴するキービジュアルは、浅草の街を連想させる「千社札」をモチーフにした

 ファーストリテイリング傘下のユニクロは5月28日、東京・浅草に「ユニクロ浅草」をオープンする。「Our Neighborhood!」をコンセプトに広告やPRで地元の住民や商店と積極的にコラボレーションする。

 ユニクロ浅草は、浅草エリアにあった既存店を閉鎖し、複合施設「東京楽天地浅草ビル」の1階と2階に出店する。売り場面積は約600坪(約1980平方メートル)の大型店だ。

 店舗を象徴するキービジュアルは、浅草の街を連想させる「千社札」をモチーフにした。店内のPOPやポスター、パンフレットなどの広告物には地元住民を起用、浅草の街並みや雰囲気を伝えるビジュアルを作成する。

 地元の商店や事業者ともコラボレーションする。第1弾として、4月26日から「浅草花月堂本店」が名物の「ジャンボめろんパン」の包装紙を、期間限定でユニクロ仕様にする。また、第2弾としては4月30日から5月30日まで、人力車の「時代屋」と「東京力車」の車夫が、ユニクロ浅草のロゴが入った法被を着る。

 そのほか、近隣店舗がユニクロのロゴ入りコースターを使用したり、スタッフがユニクロ浅草オリジナルTシャツを着用するなど、さまざまな企画を実施していく予定だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media