国道16号線の外側、郊外にオーケーが進出!600坪と大型の平塚店で見られた新たな売場づくりとは

取材・文=「ダイヤモンド・チェーンストア」編集部 大宮弓絵
Pocket

オーケー平塚店の外観

オーケー平塚店

〒254-0044 神奈川県平塚市錦町4-22
電話:0463-20-8180
JR東海道本線「平塚」駅西口より徒歩約5分

見どころ
▶青果と鮮魚売場で訴求する地域商品
▶独自性の高い冷凍食品の品揃え
▶総菜売場のアジアンメニューの商品

 オーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)は3月16日、神奈川県平塚市に「オーケー平塚店」(以下、平塚店)をオープンした。

 平塚店は、JR東海道本線「平塚」駅から北西約700mに立地する。平塚市の「見附台周辺地区整備事業」の一環で開発された、2階建て施設の1階部分にテナント出店している。

 商圏に設定する、店舗から半径3㎞圏内には約7万世帯/約15万人が居住する。世代別人口構成比ではとくに60代以上が多く住むエリアだ。

 近隣の競合店には、平塚駅の至近に「デリド平塚駅店」や「そうてつローゼン平塚梅屋店」などがあるほか、地場の食品スーパー(SM)が点在する。

 平塚店の売場面積は約620坪で、オーケーがここ1年で開業した店のなかでは最大規模の店舗だ。この広い売場面積を生かし、平塚店では地域性を打ち出す商品政策(MD)に挑戦しているのが特徴だ。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media