高島屋、イタリアンデリカの「リナストアズ」、日本1号店を今夏オープン

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

東京表参道に出店する、高島屋のイタリアンデリカテッセンとレストランの複合業態1号店「リナストアズ(Lina Stores)」の完成イメージ
今後5年間で20店舗程度を出店する計画だ(画像は東京・表参道に出店する旗艦店の外観イメージ)

 高島屋は2021年夏、イタリアンのデリカテッセン(総菜・加工食品店)とレストランの複合業態「リナストアズ(Lina Stores)」の日本1号店を東京・表参道に出店する。英国でレストラン事業を行うリナストアズ社と日本国内における店舗運営の独占契約を結んだ。

 リナストアズは英国ロンドンでレストランとデリカテッセンを3店舗運営している。1号店のオープンは1944年で、ロンドン・ソーホー地区の人気店として知られる。

 高島屋子会社のアール・ディー・コーポレーションが運営する日本1号店の店名は「リナストアズ表参道 レストラン&デリカテッセン」(東京都港区)で、商業施設「スプリングテラス表参道」の1階に出店する。

 店舗面積は約300平方メートルで、イタリア料理を提供する客席数約100席のレストランに、手づくりのフレッシュパスタ、生ハム、チーズ、アンティパスト(前菜)などを販売するデリカテッセンを併設する。近隣地域への宅配にも対応する。今年のクリスマスシーズンまでにはオンライン販売をスタートする予定だ。

 今後は路面店や百貨店内への出店など、5年間で20店舗ほどを出店する計画。立地環境に応じてレストランまたはデリカテッセンの単独出店、あるいは複合業態を出店していく。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media