大創産業、中心価格300円の新業態を東京・渋谷に、「ダイソー」も同時出店

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

大創産業新業態「スタンダードプロダクツ(Standard Products by DAISO」完成イメージ
300円を中心に、500円、700円、1000円と4つの価格帯で、質感の高い生活雑貨を販売する

 100円ショップ「ダイソー」を運営する大創産業(広島県東広島市)は3月26日、中心価格帯300円の新業態「スタンダードプロダクツ(Standard Products by DAISO)」を、渋谷駅直結の商業施設「渋谷マークシティ」(東京都渋谷区)の1階にオープンする。同フロアには、渋谷地区では最大級の売り場面積を持つダイソーも同時出店する予定だ。

 スタンダードプロダクツは、ダイソーで扱う100円均一商品よりも良質の生活雑貨を販売する。組み合わせて使える収納ボックスなどの住居関連品や食器、バッグ、服飾雑貨などオリジナル商品約1300アイテムを取り扱う。

 商品は300円を中心に、500円、700円、1000円(いずれも税別)と4つの価格帯に揃える。大創産業は300円ショップの「スリーピィ(THREEPPY)」を展開しているが、スタンダードプロダクツの商品はシンプルで洗練されたデザインとし、カテゴリーを超えて質感を統一、カラー展開も絞り込む。

 今後は、サステナビリティ(環境・社会の持続可能性)消費のトレンドを意識して環境に配慮した素材を使うなど、年間約500アイテムを新たに開発していく予定で、オンラインショップでの販売も検討する。

 スタンダードプロダクツ渋谷マークシティ店の売り場面積は79坪(261平方メートル)で、営業時間は午前9時30分から午後9時まで。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media