昨年末にひっそりとオープン…イオンの未来型ディスカウントストア「パレッテ」の深謀

雪元史章(ダイヤモンド・チェーンストア副編集長)
Pocket

昨年12月5日、神奈川県大和市に「パレッテ高座渋谷店」(以下、高座渋谷店)という名のディスカウントストア(DS)がオープンした。見慣れない屋号の同店を運営するのはイオン(千葉県/吉田昭夫社長)グループ。「未来型DS」を標榜する新業態だが、メディア向けの取材は一切行わず、店舗概要もほとんど非公表という異例のスタートを切った店舗だ。イオンはパレッテを通じてどのような“未来”を描こうとしているのか—―。

コロナ対策と買物利便性を両立した新業態

昨年12月5日にオープンした「パレッテ高座渋谷店」パレtレ
昨年12月5日にオープンした「パレッテ高座渋谷店」パレtレ

 高座渋谷店は、小田急電鉄江ノ島線「高座渋谷」駅から西へ徒歩約4分の場所にある。イオンの「未来型DS」としてオープンした同店だが、運営にあたるのは、2020年6月に設立されたパレッテという企業。同社のホームページによると資本金は1億円、「高品質・低価格の食品を中心とした日用品を販売するディスカウントストア」を事業内容としている。本部所在地や代表者などは不明だが、本誌の調べによると、3人が同社の取締役として就任しており、うち1人はイオン傘下のDS企業ビッグ・エー(東京都)の三浦弘社長だという。

 運営会社もベールに包まれていれば、店舗に関する情報もほとんど公表されていない。昨年12月5日のオープン以来メディア対応は行われておらず、イオン広報によると「実験店として粛々と営業している段階」だという。売場面積は1000㎡程度とみられ、イオンのDSとしては「ビッグ・エー」以上「ザ・ビッグ」未満、といったところだ。

 店内に入ってみるとまず驚かされるのが、売場の開放感だ。とくに青果売場の通路幅は広く、天井高もあり、さながらスーパーセンターのような雰囲気となっている。買物しやすいだけでなく、新型コロナウイルス(コロナ)禍での非接触ニーズに対応した売場設計だ。

 コロナ禍に合わせた売場づくりはこのほかにもある。売場上部にはカルテック社製のウイルス除去装置付き照明器具を数多く設置。さらに、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(東京都/藤田元宏社長:U.S.M.H)の一部店舗で導入されている決済機能付きアプリ「スキャン&ゴー」を、U.S.M.H以外の店舗で初めて採用し、非対面・キャッシュレスでの決済を可能とした。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media