ライフのオーガニックスーパー「ビオラル」首都圏1号店、 丸井吉祥寺店の売場づくりを解説!

2021/01/04 05:55
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

売場各所にPBを差し込む

 イートインコーナーを併設した「BIO‐RAL Café(ビオラルカフェ)」では、旬の果物・野菜を使用したスムージー、乳化剤不使用のジェラート、有機コーヒーなどを楽しめる。

「ビオラルカフェ」で注文できる、乳化剤不使用のジェラート
「ビオラルカフェ」で注文できる乳化剤不使用のジェラート

 そのほか、業態名と同じ名称のプライベートブランド(PB)「ビオラル」の商品を売場各所に差し込んでいる。「無塩せきあらびきウインナー」(198円)や「低温殺菌牛乳」(278円)など、同PBのアイテム数は約100アイテムで、広報担当者によると現在も商品開発を加速させているとのことだ。

プライベートブランド「ビオラル」の「低温殺菌牛乳」(278円)
プライベートブランド「ビオラル」の「低温殺菌牛乳」(278円)

 「ビオラル」の首都圏での認知度はまだそれほど高くないが、コロナ禍で消費者の健康志向は確実に高まりつつある。こうしたニーズの高まりを追い風に、健康志向の商品に特化した「ビオラル」のようなSMが台頭していく可能性は低くはないだろう。実際、1号店の靭店の20年度上期売上高は対前年同期比約140%を記録し、黒字化を果たしたという。ライフの岩崎社長は20年末の会見で「将来はビオラル事業だけで売上100億円の規模にしたい」と発言しており、今後同社はますます「ビオラル」に力を入れていくとみられる。

1 2 3 4

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media