吉野家がベトナムに1号店、3年以内に5店舗以上の出店を計画

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

吉野家の看板
吉野家ホールディングス(HD)は12月23日、ベトナムで「吉野家」1号店をオープンする。

 吉野家ホールディングス(HD)は12月23日、ベトナムで「吉野家」1号店をオープンする。吉野家の海外出店は25カ国・地域目で、ベトナムでは今後3年以内に5店舗以上の出店を計画している。

 2019年10月に吉野家HDの100%子会社であるアジアヨシノヤインターナショナル(マレーシア)とフランチャイズ契約を結んだベトナムの現地企業VロータスHDが、ベトナムでの店舗運営を担う。

 1号店はホーチミン市の繁華街リー・トゥ・チョン通りにオープンする。店舗面積は162㎡で、客席数は62席。「牛丼並盛」を7万5000ドン(約338円)、「すき焼き鍋」は12万9000ドンで販売する。営業時間は午前10時から午後10時。

 吉野家は米国、中国、台湾、インドネシアなどで店舗展開しており、11月末時点での海外店舗数は946店舗となっている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media