“空間を売る”「無印良品 東京有明」の新たなサービスとは?

2020/12/17 05:55
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

4つの分野で街の空間づくりを企画 

 「街づくり」では、「家」「オフィス」「商業施設」「公共」という4つの分野で、企画から考える空間づくりのサービスを開始する。店舗周辺だけでなく、オンラインで全国の家庭や企業、自治体などから相談を受け付け、自然素材を生かした内装や什器を使用し、オフィスリノベーションから公共の遊休スペースの活用提案まで、依頼主とともに地域活性化に取り組んでいくサービスとなっている。東京有明店には、スタッフが働く環境を直接見ることができるモデルスペース「見えるオフィス」を設置した。

スタッフの働く環境がわかる「見えるオフィス」
スタッフの働く環境がわかる「見えるオフィス」

 そのほか、店舗のある江東区と連携し、食品ロスやごみの削減、リサイクルなど環境に関する取り組みを積極的に実施する。その一環として、1階には食べきれずに余った食品を回収する「フードドライブ」を、3階には「古着回収ステーション」を設けた。民間の店舗でこのような回収ボックスを導入したのは、都内では東京有明店が初だという。

余った食品を回収する「フードドライブ」
余った食品を回収する「フードドライブ」

 コロナ禍で過ごす時間が増えた自宅を中心に、自分が生活する場所をより快適にしたいというニーズは拡大しつつある。しかし、実際には何から始めたらよいかわからないという人も多い。東京有明店は、こうした人々にとってさまざまなアドバイスを受けるのに役立つ店舗となるだろう。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media