「東急ストアフードステーション宮前平駅前店」、改札前で“日常使い”できるミニスーパーを目指す

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

東急ストア(東京都/須田清社長)は11月20日、「東急ストアフードステーション宮前平駅前店」(神奈川県川崎市:以下、FS宮前平駅前店)をオープンした。「東急ストア」業態よりもコンパクトな店舗で、総菜・中食を重視した商品展開を行う「フードステーション」業態としては8店舗目の出店となる。

東急ストアフードステーション宮前平駅前店の店舗外観。
11月20日オープンした「東急ストアフードステーション宮前平駅前店」の店舗外観。改札の真正面に店舗入口が位置する。

改札すぐの好立地で単身・若い世代の取り込みを狙う

 FS宮前平駅前店は、東急田園都市線「宮前平」駅の改札を出てすぐの場所に位置する。改札の真正面のため、駅利用客の目に必ず触れる好立地だ。宮前平駅周辺は田園都市線各駅の中でも周辺人口の伸び率が良い地域で、それに伴って乗降客数も増加している。店舗から半径500m圏内の人口は約1万4000人/6500世帯で、単身・二人世帯の割合が62.4%と高い地域だ。また、39歳までの人口割合が50.7%、ファミリー世帯の割合が34.9%といずれも沿線と比べて高く、若い子育て世代や共働き世帯が周辺には多く住んでいる。

 売場面積は375㎡とコンパクトな造り。狭小店ながらも生鮮、総菜、酒・飲料、一般食品など一通りのラインアップを揃え、加えて日用品や生活雑貨も取り扱う。総SKU数は6872で、内訳は生鮮582SKU、デリカ250SKU、グロサリー4132SKU、その他1908SKUとなっている。周辺の競合SMには、宮前平駅から道路を渡ってすぐに「成城石井宮前平店」、約200mの距離に「いなげや川崎宮前平駅前店」がある。また、その業態から一部競合すると思われるコンビニエンスストア(CVS)は、200m圏内に大手3チェーンが顔を揃えている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media