マルエツ登戸駅前店売場レポート!即食・簡便重視の売場づくりで参入予定のオーケーを迎え撃つ!

2020/11/27 05:56
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(東京都/藤田元宏社長)傘下のマルエツ(東京都/古瀬良多社長)は11月19日、「マルエツ登戸駅前店」(神奈川県川崎市:以下登戸駅前店)をオープンした。同店のオープンによって、神奈川県下のマルエツは49店舗、全体では302店舗となった。

マルエツ登戸駅前店の店舗外観写真。
11月19日オープンしたマルエツ登戸駅前店の店舗外観。6階建て商業ビルの1~2階に出店した。

駅至近の好立地、21年7月にはオーケーが参入予定

 マルエツ登戸駅前店は、小田急電鉄小田原線・JR南武線「登戸駅」から徒歩1分、駅西側約75mの好立地にオープン。周辺には建設中の商業ビルやマンション、再開発予定の空地が目立ち、これからの人口増加が見込めそうな立地だ。半径500m圏内の人口は1万977人/7025世帯。このうち単身世帯が65.0%、41.5%が25~44歳となっており、一人暮らしの若年層が主要な顧客層となる。競争環境としては、同じく登戸駅至近に「味の食彩館のぼりと」があるが、駅の反対側に位置するため競合の度合いは比較的低い。現状、それ以外の競合6店舗とは約400m~1㎞とやや距離があるが、21年7月、オーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)が200m以内の至近距離に新規出店する予定となっている。そのため登戸駅前店ではオーケーとの競争を見据え、周辺需要の高い即食・簡便性に注力した売場づくりを行っている点が特徴だ。

 登戸駅前店の売場面積は972㎡で、エスカレーターを設けた2フロア構成の店舗。1階に総菜、ベーカリー、冷凍食品、酒・飲料など即食・簡便性の高い商品を、2Fに生鮮や調味料などを配置している。取り扱いSKU数は計9003、このうち生鮮3部門で974、デリカ208となっている。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media