アルビスが愛知県に初出店、名古屋市内に21年夏

2020/11/04 14:36
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

 北陸が地盤の食品スーパー、アルビスは愛知県に進出する。2021年夏に名古屋市内に「中村二瀬店」を出店する。同社は19年4月、岐阜県美濃加茂市に「美濃加茂店」を出店しており、中部地方では2店舗目となる。アルビスは現在、富山・石川・福井の3県を中心に61店舗を展開している。

 22年3月期には、名古屋市のほか、福井市に「福井南店」(21年6月)、石川県七尾市に「七尾店」(21年秋)を新規出店する計画。21年3月期は、石川県小松市で「小松幸町店」(20年4月)を建て替えオープンしたほか、21年2月に「鯖江鳥羽店」(福井県鯖江市)を出店する予定だ。

 なお、同社の20年4〜9月期は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う内食需要の拡大で、連結業績が急伸した。売上高に当たる営業収益は前年同期比11.2%増の478億円、営業利益は約3.8倍の13億円、純利益は約2.8倍の9億円だった。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media