横浜・桜木町駅前の商業施設に「ワークマンプラス」の新業態など、大規模改装で

2020/09/11 09:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

桜木町駅前広場に面した「コレットマーレ」完成イメージ
桜木町駅前広場に面した「コレットマーレ」は、開業10年目で大規模改装を実施している

 不動産大手のヒューリックが運営する横浜市のJR桜木町駅前の商業施設「コレットマーレ」の改装に伴い、「ワークマンプラス」の新業態などが出店する。同施設は2010年に開業したが、10年目を迎えた今年、大規模なリニューアルを実施している。

 9月10日には桜木町駅前広場に面して、「ディーン&デルーカ カフェ」がオープンした。10月16日は5階がリニューアルオープンの予定で、作業服専門店大手ワークマンの「ワークマンプラス」の新業態が出店する。新業態の詳細は明らかではないが、「コト消費」をコンセプトに、アウトドア・スポーツ・レインウェアなどを取り扱う店舗となる。有隣堂のブックカフェなども出店する。

 コレットマーレの改装オープンは2月以降順次進めてきた。5月には地下1階に食品スーパーのサミットも出店している。改装面積は合計約1万1000平方メートルで、27店舗が新規出店またはリニューアルオープンした。

 2021年には6〜7階の飲食フロアの改装オープンが始まる予定だ。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media