「モスバーガー」初のテークアウト専門店、ヨークフーズ新宿富久店にオープン

2020/09/02 11:05
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

「モスバーガー ヨークフーズ新宿富久店」の店舗イメージ
「モスバーガー ヨークフーズ新宿富久店」の店舗イメージ

 モスフードサービスは8月27日、「モスバーガー」初のテークアウト専門店を「ヨークフーズ新宿富久店」(東京都新宿区)内にオープンした。2019年10月の消費増税に伴う軽減税率導入や新型コロナウイルス感染症の影響により、都心に近い店舗や住宅地の店舗などを中心にテークアウト需要が高まっており、こうしたニーズに合わせてテークアウト専門店を実験運用することにした。インターネットでの注文にも対応する。

 「モスバーガー ヨークフーズ新宿富久店」では、店舗の看板に「TO GO(持ち帰り)」のサインを表示し、既存店舗との違いが分かるようにした。店舗面積は約40平方メートルで、客席は設けない。オペレーション効率化と商品提供時間の短縮化のために、通常の店舗に比べてメニューの数を約6割に絞り込んだ。また、番号呼び出しボードやデジタルサイネージ(電子看板)を設置しているため、利用者は商品ができあがるタイミングが分かりやすい。

 ヨークフーズ新宿富久店は、「イトーヨーカドー食品館新宿富久店」を改装し、ヨークフーズ(旧ヨークマート)の旗艦店として6月17日にオープンした。売り場面積は1648平方メートルとなっている。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media