ヤオコー、埼玉に「所沢有楽町店」、県内90店舗目

2020/06/16 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ヤオコー
総菜売り場では、昼には出来たての米飯アイテム、夕方にはワンコインで買えるおかずやつまみを増やすなど、時間帯に応じた品揃えに力を入れる。写真は別店舗

 食品スーパー大手のヤオコーは6月19日、埼玉県所沢市に「ヤオコー所沢有楽町店」をオープンする。同社としては今期初出店。埼玉県内では90店舗目、会社全体では167店舗目となる。

 西武新宿線・航空公園駅から南に約500メートルの醤油工場跡地への出店で、売り場面積は約1844平方メートル。営業時間は午前9時から午後9時30分、初年度の売上高は19億円を見込む。

 精肉売り場では、焼き肉の素材を豊富に選べるようにする。焼き肉盛り合わせ・大型パックのほか、タンやホルモン、キムチ、チヂミなど焼き肉店の定番メニューを揃える。青果売り場では年間を通してトマトの品揃えと展開を充実させる。

 総菜売り場では、単身者や高齢者などに向けて量目の少ない総菜を「ちょっとがイイね」としてコーナー展開。加えて、昼には出来たての米飯アイテム、夕方にはワンコインで買えるおかずやつまみを増やすなど、時間帯に応じた品揃えに力を入れる。

 ヤオコー単体での2021年3月期の新規出店は、前期より1店舗多い6店舗を計画している。所沢有楽町店のほか、「桶川上日出谷店」(埼玉県桶川市、6月開業予定)、「まるひろ南浦和店」(さいたま市、7月)、「古河大堤店」(茨城県古河市、11月)などを出店する予定だ。

※6/19 8:45 誤記修正しました。(交通公園駅→正しくは航空公園駅)

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media