マクドナルド、全約2900店舗で店内客席の利用を終日中止、5月6日まで

2020/04/29 10:47
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

マックの外観
店内での飲食は中止するが、持ち帰りやドライブスルー販売、インターネットで注文を受けた商品のデリバリー(配達)などは続ける。写真 gettyimages/MichaelJay

 日本マクドナルドは大型連休中の4月29日から5月6日まで、全約2900店舗の店内客席の利用を終日中止する。密閉・密集・密着の3密を避け、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制する。

 同社では4月20日から、政府の「特定警戒都道府県」の対象となっている13都道府県の約1910店舗で店内客席の利用を終日中止としてきたが、大型連休中は対象を全国に拡大する。

 店内での飲食は中止するが、持ち帰りやドライブスルー販売、インターネットで注文を受けた商品のデリバリー(配達)などは続ける。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media