40年変わらぬ素朴なドーナツにシニアが飛びついた! 気持ちを動かす「実感」を込めたコピー

2020/05/08 05:55
川上徹也 コピーライター

こんにちは。コピーライターの川上徹也です。連載第2回の今回は、チラシやPOPなど のコピーに「実感をこめる」という方法をお伝えします。人は実感がこもった文章を読むと、自分の感情が揺さぶられます。その結果、お客さんのココロに「買いたい!」というキモチが生まれる可能性が高まるのです。

昔ながらのロングセラーも多い和菓子。いかにその魅力を伝えることができるか
昔ながらのロングセラーも多い和菓子。いかにその魅力を伝えることができるか

コロナで困っている生産者や小売店を支援する動き

 新型コロナウイルスの影響で休業を余儀なくされている店も多いでしょう。また開業していてもお客さんが来なくなり在庫を抱えている方も多数いらっしゃると思います。そんな方々を少しでも助けようという試みが、今、全国でいろいろと生まれているのをご存知でしょうか?

 たとえばフェイスブックに「コロナ支援・訳あり商品情報グループ」というコミュニティができていて、かなり盛り上がっています。これは、4月9日に立ち上がったグループで、現在メンバーは30万人を超えています。新型コロナウイルス感染拡大により影響を受け在庫を抱えた生産者・流通業者・小売店・飲食店の方々が、自分たちの商品の良さをPRして、グループのメンバーに直接売り込むという仕組みです。

 訳あり品で「最低30%オフ」という決まりがあるため、購入者にとってもお得にお買い物ができるというメリットがあります。わずかな時間で、在庫がすべてさばけてくまうくらい反響のある商品もあります。あなたも、もし在庫を抱えて困っていたら、チャレンジしてみてはどうでしょうか?

 しかしすべての商品がバカ売れするという訳ではありません。もちろん、商品の魅力やクオリティ、価格のお得感も大きな要因ですが、紹介文によっても読み手の反応は大きく変わります。どんな紹介文だと、より多くの商品が売れるようになるでしょう?

昔ながらのあんドーナツをいかに知ってもらうか

 東京上野のアメ横に「二木の菓子」という有名な店があります。終戦直後の1947年にわずかダンボール箱1つほどの面積で販売をスタートさせ、今ではアメ横をはじめ関東に10店舗以上の店をチェーン展開しています。関東地方の方は、1960年代に初代林家三平師匠が『ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子!』と連呼するCMでおなじみかもしれません。

 この店の特徴は、圧倒的なお菓子の種類と、それにつけられたオリジナルのPOPです。よその店では売れないような商品でも、POPに書かれた力強いコピーによって、バカ売れする商品が続々と生まれます。同社の専務である二木英一さんは、その著書『なぜ20円のチョコでビルが建つのか?』(秀和システム)で以下のようなエピソードを紹介しています。

 ある時、二木の本部に取引先から「あんドーナツ」の売り込みがありました。40年以上変わらない製法で作り続けられているという製品です。食べてみると、とても甘く素朴な味わいで、おいしい。ただ商品の特徴をそのまま書いたような「40年間変わらぬこだわりの製法」「昔懐かしい味わいのあんドーナツ」などのコピーでは、店頭で埋もれてしまいます。あなたなら、この商品にどんなPOPをつけるでしょう?

 POP担当の店員が頭を悩ませていると、同僚の60代の男性店員がつぶやきました。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media