今年度中に40カ所で出店へ! カスミが完全無人店舗「オフィスマ」の出店を急ぐ理由

2020/04/02 08:35
雪元史章(ダイヤモンド・チェーンストア副編集長)

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(東京都:USMH)傘下のカスミ(茨城県)が3月26日、茨城県水戸市の茨城県庁内に無人店舗「オフィスマ茨城県庁店」をオープンした。利用客自ら商品のスキャンと精算をモバイルアプリ上で完結できる仕組みで、常駐する従業員がいない完全無人の店舗である。カスミは今年度中に同様のフォーマットを官公庁や一般企業のオフィスなど40カ所に展開する計画。将来的には既存の食品スーパー店舗のレジレス化にもつなげていきたい考えだ。

従業員が1人もいない完全無人店舗!

オフィスマ茨城県庁店の様子。飲料や菓子など約500品目を揃える
オフィスマ茨城県庁店の様子。飲料や菓子など約500品目を揃える

 オフィスマ茨城県庁店は、県庁2階のロビーフロアの一角にある。売場面積は約30㎡(オープン時)で、取り扱う商品は飲料、菓子、冷凍食品、パン、土産品などおよそ500品目。県庁職員のほか記者クラブに出入りする報道関係者、一般利用者など誰でも利用することができる。

 「オフィスマ」の名称は「オフィススマートショップ」を略したもの。何よりも特徴的なのは「無人店舗」である点で、当然精算レジもなく、利用客はUSMHのモバイルアプリの決済機能を使って買物する「スキャン&ゴー」の仕組みを取り入れている。

 具体的な利用方法は次の通り。まずはUSMHのアプリを開き、画面上でオフィスマ茨城県庁店に「チェックイン」する。チェックインはGPS機能を利用するか、店頭に掲げられているQRコードをスキャンするかの2通りから選べるが、茨城県庁店では当面後者のみの対応となっている。その後店内に入り、欲しい商品を手に取る際に値札もしくは商品に記載されたバーコードを前述のアプリでスキャンしていく。あとは「購入ボタン」を押せば、アプリに紐付いたクレジットカードで決済される。

店頭のQRコードをスキャンしてチェックイン
店頭のQRコードをスキャンしてチェックイン
商品のバーコードをスキャンしてアプリ上の買物かごに追加していく
商品のバーコードをスキャンしてアプリ上の買物かごに追加していく

 ここまでは、昨今日本国内でも出店され始めたいわゆる「レジレス店舗」と同様のフォーマットだ。しかし茨城県庁店で特筆すべきは「完全無人店舗」であり、常駐の従業員はいない点である。品出しは納品担当者、売場や商品の管理も1週間に1回程度の頻度でカスミの担当者が訪店して行う。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media