ドンキ、衣料品のオフプライス事業を開始、他社の余剰在庫を買い取って再販売

2020/03/16 09:54
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

愛知県の「MEGAドン・キホーテUNY大口店」内、オフプライスストア1号店のイメージ
愛知県の「MEGAドン・キホーテUNY大口店」内にオフプライスストア1号店を出す

 パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス傘下のドン・キホーテは、アパレルメーカーや小売業などから衣料品の余剰在庫や廃棄予定の商品を買い取って再販売するオフプライス事業を始める。

 総合スーパー「MEGAドン・キホーテUNY大口店」(愛知県大口町)の2階に3月24日、オフプライスストアの1号店「オフプラMEGAドン・キホーテUNY大口店」を出す。売り場面積は960平方メートルで、カジュアル衣料、スポーツ衣料、子供服、シューズ、バッグ、アクセサリーなど約3万3000品目を取り扱う。

 有名ブランドの商品を多数取り扱うほか、一点物や日本未発売の商品などの掘り出し物も用意し、宝探しのような感覚で買い物を楽しめるようにする。

 ドン・キホーテでは、2020年中に複数のオフプライスストアを出店する予定。売れ残った衣料品の大量廃棄・焼却処分は社会的な問題として注目されるようになっており、同社ではオフプライスストアの展開によって業界全体の衣料品の廃棄・焼却を減らすと共に、新規事業として育てていく。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media