川越駅西口に新たなランドマーク「U_PLACE」誕生 6月8日開業予定

2020/03/13 16:08
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

「U_PLACE」の外観とエントランスの完成イメージ
「U_PLACE」の外観とエントランスの完成イメージ

 6月8日に川越駅西口(東武東上線・JR川越線)直結の複合施設「U_PLACE」がオープンする。株式会社ピーアンドディコンサルティング(埼玉県さいたま市)が事業主体となり、株式会社ウニクス(埼玉県さいたま市)が運営する。株式会社ウニクスは埼玉県を中心に近隣型ショッピングセンター「UNICUS」を展開しており、今回の施設は初の駅前型施設となる。

 「U_PLACE」は川越駅西口とペデストリアンデッキで直結しており、利便性が高い複合施設となる。地上11階建て、延床面積約33,000平米、飲食店や物販店、ホテルだけでなく、クリニックや銀行、住民票などの証明書の発行が出来る行政機能が入る。観光客はもちろん、地域の客にも利用してもらうねらいだ。

 低層階にある商業フロアには、日本を代表するクラフトビールCOEDOのフラッグシップとなる「コエドブルワリー・ザ・レストラン」や、丸広百貨店が手掛ける埼玉県産品“食”のセレクトショップ「Moi Saitama Plus」、地元で人気がある飲食店の新業態店舗などが出店予定だ。

 デザインは、大阪の「なんばパークス」、福岡の「キャナルシティ博多」など日本でも数多くの複合施設の設計を手がけ、デザイン面や機能面でも高い評価を受けている米国のJERDE事務所が担当。川越の新たなランドマークとなるか、注目だ。

「U_PLACE」施設概要

所在地  川越市脇田本町8番地1
敷地面積 8,519.58㎡
用途 飲食店舗、物販店舗、サービス店舗、事務所、診療所、宿泊施設、駐車場、駐輪場
建物高さ 50.08m
地域 商業地域、準防火地域
構造・規模 鉄骨造・地上11階建
建築面積 6,487.58㎡
延床面積 32,888.48㎡
(複合施設棟:23,343.38㎡ + 駐車場棟:9,545.10㎡)
駐車場台数 自動車:219台、自転車:1,590台、原付154台、その他二輪45台
開業時期 2020年6月8日予定
事業主体 株式会社ピーアンドディコンサルティング

※店舗は順次オープン予定。新型コロナウイルスの影響により開業日が遅れる可能性あり

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media