東急ストア、横浜市に「綱島駅前店」を再オープン、約4年ぶり

2020/03/09 10:14
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

「エトモ綱島」の外観イメージ
東急ストアがテナント出店する「エトモ綱島」の外観イメージ

 東急ストアは3月13日、東急東横線・綱島駅(横浜駅港北区)の駅ナカ商業施設「エトモ綱島」内に食品スーパー「東急ストア綱島駅前店」をオープンする。同店は綱島駅の改修工事に伴い2016年1月から休業していたが、約4年ぶり再オープンする。

 エトモ綱島は18年に閉鎖した駅構内店舗の跡地と高架下の空間を活用した商業施設で、東急ストアを含めてカフェやスイーツ専門店など8店舗のテナントが出店する。

 東急ストア綱島駅前店の売り場面積は498平方メートル。生鮮食品売り場では、フライパンで炒めるだけの簡単調理品やミールキットなど時短商品を取り揃える。加工食品は、「低糖質」や「減塩」など健康を意識した商品をコーナー展開する。

 デリカ売り場では、1つのおにぎりに3つの具材を入れた「大きなおにぎり」や、30種類以上の焼き立てパンなどを販売する。そのほか、大型店だけで扱っている商品を同店で取り寄せることができる新サービスも実施する。

 営業時間は午前7時から深夜1時までで、年間売上高は13億1000万円を見込む。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media