とんかつ屋にパイ専門店…ミスタードーナツだけじゃない、ダスキンのフード事業レポート

2020/02/26 05:23
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

掃除用品のレンタル・販売を主な事業とするダスキン(大阪府/山村輝治社長)。同社が展開するフード事業ではミスタードーナツが最も有名だが、そのほかにもさまざまな業態を展開していることはあまり知られていない。本記事では、ダスキンが運営している飲食業態のうち、近年とくに好調な「かつアンドかつ」と「Pie face(パイフェイス)」について解説する。

ミスタードーナツの商品戦略についての記事はこちら

ファミリー層向けのとんかつ専門店「かつアンドかつ」

とんかつ専門店「かつアンドかつ」
とんかつ専門店「かつアンドかつ」

 かつアンドかつは、その名の通りとんかつの専門店。業態としての歴史はダスキンのフード事業のなかでミスタードーナツについで長く、1999年に事業を開始している。

 商品としては「ロースかつ膳」(120g1170円:以下、税抜)や「ヒレかつ膳」(120g1270円)などの定食メニューが中心で、メーン商品の価格は10001680円と少し高めに設定しており、主な客層はファミリー層を想定している。

定番商品の「ロースかつ膳」
定番商品の「ロースかつ膳」

季節限定メニューが売上増加を後押し

 かつアンドかつの20193月期の売上高は前年度実績を上回っており、194月にはさらなる事業拡大を図り分社化するなど好調だ。

 事業が好調に推移している最大の要因は、季節限定メニューの導入だ。かつアンドかつには常連客が多く、季節に応じて楽しめる商品を提供し始めたことが売上増加につながっているという。

 たとえば、19年秋~20年冬に提供している「北海道の牡蠣・広島の牡蠣食べ比べ膳」(1650円)は、北海道知内産・サロマ湖産と広島県産の合計3種類の牡蠣を食べ比べできるメニューとなっている。また、1912月からはゴルゴンゾーラチーズをブレンドしてふんだんに使用した「鉄カツ膳 フロマージュ(ロース90g)」(1420円)など独自のメニューを発売した。

季節限定メニューの「北海道の牡蠣・広島の牡蠣食べ比べ膳」
季節限定メニューの「北海道の牡蠣・広島の牡蠣食べ比べ膳」

 また、調味料もスタンダートなとんかつソースだけでなく、塩やわさび、だし汁など複数準備し、さまざまな食べ方を提案している。加えて、商品の価値に見合うような重厚感のある食器を使用するなどイメージアップのためのさまざまな施策が奏功し、売上増加を後押ししているという。

 かつアンドかつは大阪府など関西圏のロードサイドを中心に出店しており、201月時点で16店舗を展開している。当面は関西圏での店舗拡大に注力し、その後は中国地方への出店も視野に入れる考えだ。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media