「HANEDA INNOVATION CITY」2020年7月3日に先行開業

2020/02/11 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

HICity2
「天空橋駅」に直結する、延床面積約13万㎡超の大規模複合施設となる

 羽田みらい開発株式会社(大和ハウス、京急電鉄、JR東など9社が出資)は、羽田空港跡地第1ゾーン整備事業において開発を進めている「HANEDA INNOVATION CITY」(HICity)のまちの概要と、2020年7月3日に一部エリアを先行開業すると発表した。

 HICityは、羽田空港の第3ターミナル(現:国際線ターミナル)から1駅の「天空橋駅」に直結する、延床面積約13万㎡超の大規模複合施設。「先端」と「文化」の2つをまちのコア産業として、先端技術による実証実験の取り組みや、外国人観光客向けにジャパンカルチャーの体験機会を提供する。

 敷地には研究開発施設(ラボ・大規模オフィス)、先端医療研究センター、会議場、イベントホール、日本文化体験施設、飲食施設、研究・研修滞在施設、水素ステーション等が設置される予定だ。

施設概要

HICity
先端技術による実証実験や、ジャパンカルチャーの体験機会を提供する

事業主体:羽田みらい開発株式会社
所在地:東京都大田区羽田空港一丁目・羽田空港二丁目の各一部
交通:京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋駅」直結
敷地面積:約5.9ha延床面積:約131,000㎡

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media