2年ぶりの新店!ピーコックストア稲城長沼店が挑む、低価格と高品質の両面訴求

2019/12/17 06:01
ダイヤモンド・チェーンストア編集部 齋藤綾奈

12月10日、イオンマーケット(東京都/乾哲也社長)が東京都稲城市に「ピーコックストア稲城長沼店」を出店した。イオンタウン(千葉県/加藤久誠社長)運営の近隣型ショッピングセンター(NSC)「イオンタウン稲城長沼」の核店舗で、2017年12月開業の「ピーコックストア豊四季台店」(千葉県柏市)以来、2年ぶりの新規出店なる。13年4月のイオン(千葉県/岡田元也社長)グループ入りから6年超。最新の「ピーコックストア」では、どのような売場づくりをしているのか――。

ピーコックストア稲城長沼店の外観
ピーコックストア稲城長沼店の外観

高品質と低価格の両面を訴求

  「ピーコックストア稲城長沼店」は、JR南武線「稲城長沼」駅から東へ徒歩3分、地域の主要道路である川崎街道沿いに位置する。イオンマーケットとしては、東京都稲城市への出店は初めてで、全体では38店舗目の出店となる。売場面積は約417坪と同社の標準店よりもやや広く、SKU数は1万2400を揃えている。

 基本商圏とするクルマで10分圏内には、約3万8300世帯/約8万5000人が居住する。商圏内の人口は増加傾向にあり、30~50代の複数人世帯が多い地域だ。

 競争環境としては、周辺にSCはないものの、競合店は少なくない。「稲城長沼」駅前に「FUJI稲城長沼駅前店」「グルメシティ稲城長沼店」があるほか、南へ1.4㎞に「ヤオコー稲城南山店」が店を構える。

 「ピーコックが得意とする質のよい商品を揃えながらも、30~50代の層が好む背伸びしすぎないちょっといいものを提供していきたい」(岩崎尚也店長)。同社としては、ピーコックらしさを訴求すると同時に、イオングループの低価格プライベートブランド(PB)「トップバリュベストプライス」の商品も揃えて足元のお客のニーズに対応していく。

 

 ここからは、写真とともに売場を見ていく。入口を入ると、旬の果物を最前面に陳列した青果売場がある。1列目の平台にはミカン、2列目にはイチゴを揃えて彩りを出し、季節感が感じられる売場としている。

 また野菜では、イオングループのプライベートブランド「トップバリュ」の「グリーンアイオーガニック」のオーガニック野菜を揃える。ニンジンやジャガイモなどの定番の野菜のほか、「サラダリーフ2種とミニ根菜3種」などセット野菜も陳列し、健康志向のお客向けに1つのコーナーで展開している。

                                   

青果売場にはミカンやイチゴを陳列する
入口近くの青果売場では、最前面に旬の果物を陳列している

 

 

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media