ヤオコー本庄中央店レポート!ヤオコーはやっぱり「総菜」がスゴイ

2019/12/04 17:50
小野貴之(ダイヤモンド・チェーンストア編集部)

12月4日、ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)が埼玉県本庄市に「ヤオコー本庄中央店」をオープンした。“提案型”の店づくりでお馴染みの同社。最新店ではどのような売場づくりをしているのか。注目の総菜売場を中心にレポートする。

ヤオコー本庄中央店の外観

 埼玉県89店舗目、全体では164店舗目(ヤオコー単体)の出店となった本庄中央店。埼玉県本庄市の北部、クルマで5分ほど走って利根川を渡れば群馬県伊勢崎市に通じる県境に立地しており、店舗周辺は住宅街が広がる。

 ホームセンターのLIXILビバ(埼玉県/渡邉修社長)が運営するショッピングモール「ビバモール本庄中央」内にある店舗で、ヤオコーが同モール内にテナント出店した格好だ。ヤオコー本庄中央店の売場面積は約600坪、SKU数は1万2800とどちらも同社の標準並みで、基本的な売場配置も既存のスタイルを踏襲している。

LIXILビバ運営の「ビバモール本庄中央店」にテナントとしてヤオコーが入居する

 商圏とする1km圏内には、約5000世帯/約1万1000人が居住する。商圏内の人口が減少傾向にあるため、モールの集客力を生かし、広域からお客を呼び込みたい考えだ。

 足元は非常に“薄い”商圏であるものの、競争は激しい。ヤオコーと同じく埼玉を地盤とするベルク(埼玉県/大島孝之社長)を筆頭に、店舗から半径3km圏内に食品スーパー8店が店を構えているほか、総合スーパーの「アピタ本庄店」もある。なお、この「アピタ本庄店」は近日中にドン・キホーテ(東京都/吉田直樹社長)とのダブルネーム店舗に転換する予定で、競争は今後一層激化してくと見られる。

 自社店舗としては、約3km離れて「ヤオコー上里店」、約6km離れて「ヤオコー岡部店」がある。ヤオコーとしては、本庄中央店の出店でこれら近隣店舗による埼玉県北部のドミナントをより強固なものとしたい考えだ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media