沖縄ファミリーマート、食品スーパーとコンビニの一体型店舗をオープン

2019/08/09 12:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ファミリーマートプラスりうぼう泉崎店
生鮮食品を含めて合計で約5600品目の商品を取り揃える

 ファミリーマートのエリアフランチャイザーである沖縄ファミリーマート(沖縄県那覇市)は8月8日、リウボウストア(同)が運営する食品スーパーとの一体型店舗「ファミリーマートプラスりうぼう泉崎店」を那覇市内にオープンした。

 沖縄ファミリーマートにはリウボウが51%、ファミリーマートが49%を出資しており、リウボウストアとは兄弟会社の関係にある。沖縄ファミリーマートが食品スーパーとの一体型店舗を出店するのは、今回が初めて。

 ファミリーマートプラスりうぼう泉崎店の店舗面積は約609平方メートル、売場面積は約430平方メートルで、通常のコンビニ商品に加えて、生鮮食品や日用品など約2000品目を取り扱う。総品目数は約5600。店内に22席のイートインスペースを併設するほか、同じ建物内にドラッグストア「ふく薬品」やコインランドリー、クリーニング店が入居する。

ファミリーマートプラスりうぼう泉崎店」の概要

所在地 沖縄県那覇市泉崎2-23-2
開業 2019年8月8日
店舗面積 約609平方メートル
売場面積 約430平方メートル
営業時間 24時間(年中無休)
駐車台数 34台

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media