新店・ヤオコー東松山シルピア店で鮮魚専任の接客係を配置したねらいは!?

2019/07/30 05:19
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

食品スーパー(SM)大手のヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)は2019726日、「ヤオコー東松山シルピア店」(以下、東松山シルピア店)をオープンした。カラオケ店や紳士服専門店、100円ショップなど複数の商業施設が集まるショッピングセンター「東松山ショッピングスクエアシルピア」への出店だ。店舗面積1862m2の標準的なサイズの店舗だが、鮮魚売場で専任の「お客さま係」を配置し、ヤオコーが得意とする食提案型の売場づくりにより一層力を入れている。

ヤオコー東松山シルピア店
ヤオコー東松山シルピア店

鮮魚売場で専任の「お客さま係」を配置
旬のおいしさ提案に磨きをかける

 東松山シルピア店は、東武東上線「東松山」駅から徒歩で約20分の場所に位置している。同店のストアコンセプトは「毎日の食事が“楽しくなる”店」。旬の素材のおいしさを伝えるための売場づくりに注力している。

 それを踏まえ、生鮮3部門の売場づくりについて、写真を交えて簡潔に解説していきたい。まず売場トップの青果売場では購入頻度の高い商品を単品量販で売り込み、安さや鮮度のよさが伝わる売場づくりを行った。果物は旬の素材を平台トップで展開するほか、季節を先取りした商品を早期に品揃えすることで、季節感の打ち出しを強化する。

青果売場では、旬の素材を平台で展開
青果売場では、旬の素材を平台で展開

 精肉売場では、九州産の黒毛和牛を中心とした牛ステーキ肉の売り込みを強化した。そのほか、しゃぶしゃぶコーナーでは曜日に合わせた提案を実施している。平日はおかずとして手軽に食べられる肉を、週末は銘柄肉など質にこだわった商品を品揃えすることで、さまざまな食卓シーンを提案する。

精肉売場では、牛ステーキの売り込みを強化する
精肉売場では、牛ステーキの売り込みを強化する

 鮮魚売場では、千葉県や神奈川県などの近海で捕れた魚と刺身の盛り合わせで新鮮さを打ち出す。また、ヤオコー初の取り組みとして、東松山シルピア店では鮮魚売場専任の「お客さま係」を配置している。接客担当として昼と夕方のピークの時間帯に売場に立ち、おすすめ商品の紹介や食べ方の提案、試食を通して旬のおいしさをお客に伝える。「お客さま係は、鮮魚の専門知識があるパートが主体となって担当する。今後はパートでも専門知識を持つ人員を育てたい」(広報担当者)。

鮮魚売場では、専任の「お客さま係」を配置
鮮魚売場では、専任の「お客さま係」を配置。注・取材時はオープン前のため「お客さま係」は確認できなかった

次ページは
SM各社がお客との接点確保に取り組む理由は?

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media