「モスバーガー」がフィリピンに進出、27年度までに50店舗を出店

2019/06/07 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

モスバーガー
19年度にマニラ首都圏で1号店を出店、27年度までに50店舗に増やす計画

 モスフードサービスは6月6日、フィリピンに「モスバーガー」を出店すると発表した。同社の海外進出は2012年の韓国以来で、9ヵ国・地域目となる。

 フィリピンの大手製粉会社、ゼネラルミリングとパートナーシップ契約を結び、同社グループと共同でモスバーガーを展開する。19年度にマニラ首都圏で1号店を出店、27年度までに50店舗に増やす計画だ。

 ゼネラルミリングのグループ会社で外食事業を手がけるトーキョーコーヒーホールディングスと合弁会社を設立する。出資比率はモスフードが35%、トーキョーコーヒーが65%。

 トーキョーコーヒーは、2000年に日本のコーヒーショップのフランチャイジーとして事業を開始、ラーメン店やレストランも展開している。

 モスバーガーの海外店舗数は台湾が268店舗、シンガポールが36店舗など合計で375店舗となっている(5月末現在)。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media