ヨドバシ、大阪駅北口に「ヨドバシ梅田タワー」、売場面積9万平方メートル超に

2019/06/04 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング部

ヨドバシカメラ 大阪梅田
ヨドバシカメラマルチメディア梅田を核に約200店舗の専門店と大規模ホテルが入る

 ヨドバシホールディングス(HD)は6月3日、大阪駅北口に現在建設中の複合商業施設の名称を「ヨドバシ梅田タワー」に決定したと発表した。既存の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」と合わせた商業施設全体の売場面積は9万平方メートルを超え、さらに約1000室のホテルを併設した新たなランドマーク施設となる。2019年秋の開業を予定する。

 ヨドバシ梅田タワーは、ヨドバシHDが開発する初の複合商業施設。ヨドバシカメラマルチメディア梅田が入る地下2階・地上13階建ての既存棟と一体化した地下4階・地上35階建ての新棟を建設中で、新棟の地下1階〜地上8階にアパレル、雑貨、飲食店、食物販など約200店舗のテナントが出店する。これにより、ヨドバシカメラマルチメディア梅田を核とする総売場面積9万1954平方メートルの商業施設が誕生する。

 新棟の地上9〜35階には阪急阪神ホテルズが運営する大阪市内最大級のホテル「ホテル阪急レスパイア大阪」が入居する。ヨドバシ梅田タワー1階にはインバウンド(訪日外国人)客も利用しやすいように、高速バス・観光バスの発着スペースを設ける。

ヨドバシ梅田タワーの概要

  新棟 既存棟
延床面積 約11万100平方メートル 約10万8800平方メートル
階数 地下4階・地上35階 地下2階・地上13階
主な用途 商業・ホテルなど 商業など
竣工(予定) 2019年秋頃 2001年11月
施設構成 商業部分(地下1階〜地上8階)
ホテル部分(地上9階〜35階)
駐車台数約400台
商業部分(地下2階〜地上8階)
駐車台数約700台

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media