日本郵便、宅配便ロッカー「PUDO」の共同利用開始、ゆうパックの受け取り可能に

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング部
Pocket

Reuters 郵政
スーパーやドラッグストア、駅など全国約4000台のPUDOの一部で、ゆうパックなどを受け取れるようになる。 写真はロイター

 日本郵便は6月3日から、ヤマト運輸系のパックシティジャパン(東京都千代田区)が運営する宅配便ロッカー「PUDOステーション」の共同利用を始める。スーパーやドラッグストア、駅など全国約4000台のPUDOの一部で、ゆうパックなどを受け取れるようになる。

 日本郵便は自前の宅配便ロッカー「はこぽす」を郵便局やコンビニエンスストアなどに設置しているが、PUDOを共同利用することで受け取り場所を増やす。6月3日時点では、首都圏を中心とした315ヵ所のPUDOを利用できる。

 ヤマト運輸は2016年5月、フランス企業との合弁でパックシティジャパンを設立、ヤマト運輸のほか佐川急便、DHLジャパンが宅配便の受け取り拠点としてPUDOを共同利用している。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media