奇跡のスーパー マーケットバスケットの旗艦店はこんなにすごかった!

2019/05/22 05:09
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集長 阿部幸治

同族会社のお家騒動により解任されたCEOを復帰させるため、従業員が働くことをボイコット、同調したお客も不買運動を展開。経営が二進も三進もいかなくなり、政治家も巻き込んだ騒動の末、ついにCEOの復職が認められる――
これはドラマのような実話。「会社は誰のものか」という命題に対する新しい答えとして、全米で話題となったこの騒動の舞台が、マサチューセッツ州に本部を置くスーパーマーケットチェーン、Demoulas Super Markets(店舗名はMarket Basket<マーケットバスケット>)だ。書籍『We Are Market Basket』はフォーブス誌でその年の「ベストビジネス書」の1冊に選ばれ、日本でも『奇跡のスーパーマーケット』として翻訳書が発刊され、小売業者を中心に広く読まれた。このたび、現地取材が認められ、Market Basket旗艦店を訪れた。

Market Basket最大店舗である旗艦店のChelsea店
Market Basket最大店舗である旗艦店のChelsea店

知られざる有力企業、マーケットバスケット

 マーケットバスケットは、1917年にマサチューセッツ州で創業し、ボストン近郊都市で産業革命時代に繊維の町として栄えたローウェル市内に1号店をオープンした家族経営のスーパーマーケットチェーンだ。以降、順調に店舗数を増やし、20195月時点で、マサチューセッツ州に49店舗、ニューハンプシャー州に29店舗、そしてメーン州に1店舗の計79店舗を展開する。Forbes誌によれば、2017年度の売上高は約50億ドル(約5500億円)と日本のスーパーマーケットで言えば超大手クラス。しかも単純計算で1店舗当たり売上高は実に69億円を上回る。

 それだけの売上規模を誇る店なのだから、衣料や住関連など幅広く品揃えする大型のディスカウントストアやスーパーセンターなのかとも思うが、さにあらず。「ウェアハウス型でも、ホールセールクラブ型でもない、完全なスーパーマーケットを展開する企業だ」と同社店舗運営のスーパーバイザー、ジェイ・ランヴィル氏は語る。あくまでもラインロビングはアメリカの一般的なスーパーマーケット(SM)と同じで、食品がメーン、そこに市販薬(処方箋対応はなし)と日雑が並ぶ、スーパースーパーマーケットという位置付けだ。

 取材で案内してもらったのがボストン近郊にある、マーケットバスケット最大の売場面積を誇るチェルシー店だ。元々は同じショッピングセンターの敷地内にあるコンパクトな店で1980年から営業していたが、2009年に売場面積1万2541㎡の超大型店としてオープンした。

 平日でレジ台数36台、土・日曜はそれでも足りず42台に増設して対応する。それもそのはず、1週間のレジ通過客数が約6万人という繁盛店なのである。

次のページは
圧倒的な価格の安さと品揃え

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media