近商ストア、新業態の都市型小型店「ポシェット」を5月30日に開店、駅高架下に

2019/05/10 10:05
ダイヤモンド・リテイルメディア社

 近商ストア(大阪府松原市)は5月30日、新業態の都市型小型店「スーパーマーケット KINSHO Pochette(ポシェット) 俊徳道店」を近鉄大阪線・俊徳道駅(大阪府東大阪市)の高架下にオープンする。

 同社としては5年ぶりの新規出店となる。俊徳道店はJR俊徳道駅にも近く、売場面積は約450平方メートル。生鮮食品や店内で調理した総菜の品揃えを強化するほか、ATMや公共料金などの収納代行窓口を設置するなどコンビニエンスストア的な機能を備える。共用宅配ロッカーやセミセルフレジを設置して客の利便性を高めると共に、店舗人員の省力化を図る。従業員は社員2人、パート7人(8時間換算)の計9人で運営する。

 店内には8席のイートインコーナーを設け、店内で購入した弁当や総菜などをその場で食べられるようにする。

 近商ストアは大阪、京都、奈良の2府1県で37店舗を運営(19年3月末時点)、17年度の売上高は651億円だった。

近商ストアにとっては5年ぶりの新規出店となる
■「スーパーマーケット KINSHO Pochette 俊徳道店」の概要
開業年月 2019年5月30日
所在地 大阪府東大阪市荒川3-29-17
建物構造 鉄骨造平屋建て
売場面積 約450平方メートル
駐車台数 10台(共用)
営業時間 午前7時〜午後11時

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media