ヨークマートもねの里店で完成した「新しいフォーマット」をいち早く公開!

2019/04/26 05:00
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

ヨークマート(東京都/大竹正人社長)は417日、千葉県四街道市に「ヨークマートもねの里店」(以下、もねの里店)をオープンした。同社80店舗目の出店であり、もねの里店は社長曰く「新しいフォーマットの完成形」。今までメディア露出があまりなかったヨークマートだが、今回は大竹社長自らメディア向けの説明会に出席するほどの力の入れようだ。果たして、その“完成形”の中身とは――。

ヨークベニマル式の食提案型売場レイアウトを導入

 「新しいフォーマットの完成形」とヨークマートの大竹正人社長が評するもねの里店の売場には、173月にオープンした「ハレノテラス東大宮店」(埼玉県さいたま市)から導入してきたさまざまな取り組みの集大成が詰まっている。

 ヨークマートは同じセブン&アイ・ホールディングス(東京都/井坂隆一社長)傘下のヨークベニマル(福島県/真船幸夫社長)と「食品スーパー事業統合」を進めてきた。その一環として、もねの里店ではヨークベニマル式の食提案型売場レイアウトを採用。精肉売場のそばにワインやチーズを配置するなど、関連販売を強化している。また、冷総菜の約3割はヨークベニマル傘下の総菜製造・販売企業、ライフフーズ(福島県/松崎久美社長)から仕入れた商品だ。

 

総菜部門で取り入れた4つの新MD

 ヨークベニマルのノウハウを取り入れるだけでなく、ヨークマートは自社オリジナルの商品政策(MD)にも取り組んでいる。具体的には、「ハレノテラス東大宮店」から導入している「魚総菜」「手作りデザート」「手作りサラダ」「窯焼きピッツァ」の4つの展開を強化した。

次のページは
4つの展開、その具体的な売場づくりをビジュアル解説

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media