イオンが関東・山梨の32店舗で「ペイペイ」導入、イオン銀行口座での入金も可能に

2019/04/17 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア社

総合スーパー「イオン」「イオンスタイル」で、QRコード決済を始めて導入した

 イオンでは4月17日から関東や山梨県の一部店舗でスマートフォン(スマホ)を使ったQRコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」を導入した。イオンがQRコード決済を導入するのは今回が初めて。今後、順次導入店舗を増やしていく。

 ペイペイを導入したのは、東京都や神奈川県、千葉県などにある総合スーパー「イオン」「イオンスタイル」のうち32店舗。店舗によってペイペイを利用できる売場やレジは異なる。

 25日からは、イオン銀行の口座からペイペイの残高を入金できるサービスも始める。ペイペイのアプリ上で「Yahoo!ウォレット」の預金払い口座としてイオン銀行の口座を登録することで、ペイペイへの入金が可能になる。

 ペイペイではイオンでの導入を記念して4月17日から5月末まで、イオンの対象店舗でペイペイを使って買い物をした場合、支払額の20%をペイペイボーナスとして還元するキャンペーンを行う。還元額の上限は1回の買い物で1000円相当、キャンペーン期間中の累計で2万円相当まで。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media