フレスタが広島市に「温品店」をオープン、生協ひろしまから取得

2019/04/01 14:00

フレスタ温品店
同店の売り場面積は1400平方メートルで、営業時間は午前9時から午後10時。初年度は10億円の売上高を目標とする。

 食品スーパーのフレスタ(広島市)は3月23日、生活協同組合ひろしま(広島県廿日市市)から取得した「コープ温品店」(広島市東区)を「フレスタ温品店」として開業した。

 フレスタは広島・岡山・山口の3県で61店舗を展開しており、広島市内には30店舗を持つ。今後、東区に積極展開していく足がかりとして、62店舗目となる温品店をオープンさせた。

 同店では、新しい取り組みとして店内で生地から加工して焼き上げる「チルドピザ」を販売するほか、店内加工のから揚げを好きな量だけ購入できる「から揚げバイキング」のコーナーを設置した。また、価格を見直した500アイテムの商品を「スマイルプラス」として展開し、安さを訴求する。

 健康経営を推進する同社のコンセプトを表す商品として、「減塩」「アレルゲンフリー」「糖質オフ」といった計209アイテムの健康関連商品を各売り場で取り揃える。

 同店の売り場面積は1400平方メートルで、営業時間は午前9時から午後10時。初年度は10億円の売上高を目標とする。

 

関連キーワード:

© 2019 by Diamond Retail Media