ダイエー屋号としては約4年半ぶりの出店! 「ダイエー豊洲店」レポート

2022/04/04 05:55
小野 貴之 (ダイヤモンド・チェーンストアオンライン 副編集長)
Pocket

ダイエー(東京都/西峠泰男社長)は4月1日、東京都江東区に「ダイエー豊洲店」(以下、豊洲店)をオープンした。ダイエー屋号としては約4年半ぶりの出店となる同店ではどのような店づくりをしているのか。開店日の模様をレポートする。

ダイエー豊洲店の外観

新築タワーマンションの敷地内に出店!

 ダイエーが4月1日にオープンした豊洲店は、東京メトロ有楽町線、ゆりかもめ「豊洲」駅から徒歩5分の場所にある。関東79店舗目、全体では203店舗目、ダイエー屋号としては「ダイエー住ノ江駅前店」(大阪市住之江区、2017年10月開業)以来、約4年半ぶりの出店となる。

 同店がある「豊洲」駅周辺は、再開発が進みタワーマンションが建ち並ぶことでも有名なエリア。豊洲店も東急不動産らが開発する地上48階建て、総戸数約1200戸の新築タワーマンションの敷地内に出店している(マンション1階部分ではなく、敷地内に単独店として出店)。ダイエー広報によれば、同マンションの平均価格は約8700万円ですでに完売、22年3月から入居がスタートしているという。

 店舗から半径1km圏内には約2万2000世帯/5万2000人が居住する。世代別人口構成では30~40代が多く、タワーマンションが建ち並ぶ立地特性からわかるとおり、所得も高い。そのほか子育て世帯が多いのも特徴で、店舗が立地する豊洲5丁目と隣接する豊洲6丁目だけでみれば、9歳以下で全体の約2割を占める。人口の密集度、そして将来性も含め、極めて豊かな商圏と言っていい。

 豊洲店の売場面積は約299坪。ダイエーでは都市立地で展開する小商圏型の約300坪タイプと、広域から集客する中大型商業施設内に出店する約600坪タイプと2つの標準フォーマットを展開しており、豊洲店は前者にあたる。取り扱い品目数は約8060と、300坪タイプでは標準並みとなっている。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media