「コトエ流山おおたかの森」が4月27日開業、核店舗に「ロピア」

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

「コトエ流山ああたかの森」完成イメージ
物販棟と飲食棟で構成される近隣型ショッピングセンターとなる


 大和ハウス工業は4月27日、千葉県流山市に複合商業施設「COTOE(コトエ)流山おおたかの森」をオープンする。核店舗として食品スーパーの「ロピア」と家電量販店の「コジマ×ビックカメラ」が出店する。

 コトエ流山おおたかの森は、つくばエクスプレス・流山おおたかの森駅から徒歩4分の場所に位置する。物販棟(3階建て、延床面積3万930㎡)と飲食棟(2階建て、延床面積2090㎡)で構成される近隣型ショッピングセンター(NSC)となる。

 NSCとして日常生活の必需品が揃う物販店舗、飲食店舗、サービス店舗を充実させた。物販棟はロピアとコジマ×ビックカメラのほか、ドラッグストア「マツモトキヨシ」、100円ショップ「キャンドゥ」、自動車専門店「サイクルベースあさひ」、ベビー・子ども用品「西松屋」などが出店。音楽教室や写真館、英会話スクール、フィットネス施設なども入居する。飲食棟には、回転ずしや焼肉、中華料理など家族で楽しめる店舗が出店する。

 流山市は子育て支援制度が充実していることもあり、子育て世代を中心に人口が増えている。2011年以降、30代を中心に人口は約3万5000人増加した。「おおたかの森(市野谷の森)」をはじめとした森や公園も300カ所以上ある。

■施設概要

名称 「COTOE(コトエ)流山おおたかの森」
所在地 千葉県流山市おおたかの森1丁目西15-3
敷地面積 2万453㎡
店舗面積 物販棟 1万5850㎡
飲食棟 1650㎡
総店舗数 26店舗
駐車台数 680台
売上目標 年間100億円
来場目標 年間400万人

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media