新しい挑戦が山積み!カスミの新業態、BLANDEつくば並木店の売場づくりを徹底解説!

取材・文:湯浅 大輝 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

BLANDE つくば並木店

BLANDE (ブランデ)つくば並木店(カスミ)

〒305-0044 茨城県つくば市並木4-3-2
電話:029-875-5232
つくばエクスプレス(TX)「つくば」駅よりタクシーで約10分、常磐自動車道「桜土浦」I.C.より約5分

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(東京都/藤田元宏社長、以下:U.S.M.H)傘下のカスミ(茨城県/山本慎一郎社長)は1月28日、茨城県つくば市に新業態「BLANDEつくば並木店」を開業した。ウエルシア薬局(東京都/松本忠久社長)と売場を融合、「食と健康美」をテーマに新たな店づくりに挑む。※価格はすべて本体価格

SMの新たな価値へ 新業態でチャレンジ

 BLANDEつくば並木店(以下:つくば並木店)は、つくばエクスプレス「つくば」駅から北西約4.5㎞、常磐自動車道「桜土浦」インターチェンジからほど近くの住宅街の一角に開業した。カスミにとってつくば市は本社を置く“お膝元”で、市内にはすでに9店舗を出店している。そのドミナントエリアに新業態をオープンした。

 その背景を常務取締役上席執行役員の塚田英明氏は「新しいMD(商品政策)、新しい売場づくりを体現するため」と説明する。SMだけでなく、ドラッグストアやディスカウントストアとのボーダレスな競争が激化し、カスミはここ数年、既存店ベースの売上高や客数の前年割れが続いていた。また、16年以降は既存店の改装を中心に進めた結果出店ペースが低下。改装では旗艦店の「フードスクエア」への転換も増えたことで、旗艦フォーマットがスタンダード化していた。閉塞感を打破するべく、2021年3月の組織変更で、カスミは全社プロジェクトとして「新業態開発プロジェクト」を組成。新業態の開発を進めてきた。

 U.S.M.Hの経営戦略上も同店の担う役割は大きい。U.S.M.Hでは20~22年の中期経営計画において、生活者の理解・共創をベースとした「突き抜ける鮮度」「商品との出会い」「エンリッチ」「繋がり創出」を提供するフォーマットの創出を掲げる。すでにマックスバリュ関東(東京都/島田諭社長)は「マックスバリュおゆみ野店」(千葉県千葉市:20年12月)、マルエツ(東京都/古瀬良多社長)は「マルエツ船橋三山店」(同船橋市:21年2月)を、それぞれ「体験型SM」というコンセプトの旗艦店として開業。この流れの中で、新たなSMの価値の追求、顧客との接点拡充をめざし、カスミが満を持して打ち出したのがBLANDEという新業態だ。

ウエルシア薬局と融合し、食と健康の専門性を追求

 つくば並木店の最たる特徴は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media